2018年12月11日 (火)

6年生の社会科見学


今日は6年生が社会科見学に出かけます。東京地方裁判所の法廷に入って本物の裁判の様子を傍聴するため、21のグループにAWのみなさんが一人ずつ付き添ってくださいます。


朝の通勤ラッシュにもまれながら、丸ノ内線で霞ヶ関まで来ました。日比谷公園で一旦集合です。

霞ヶ関の官庁街を歩いて東京地方裁判所にむかいます。

裁判所の傍聴受付では、荷物検査がありました。


法廷ではもちろん写真撮影はできません。私の付き添ったグループの法廷では、窃盗事件の冒頭から求刑までの裁判の様子を見ることができました。リアルな体験をして、神妙な面持ちで裁判所を出てきました。


国会議事堂の前を通って、集合場所である憲政記念館の庭に向かいます。イチョウが綺麗ですね。

憲政記念館の庭でお弁当を食べました。


昼食後、憲政記念館を見学しました。これは30年前の国会の登院名簿です。今はタッチすると灯りがつくボードに変わっています。

歴史上の人物や出来事の説明がたくさんあり、興味深く展示を見ていました。

国会の議席のレプリカがあり、議員になったつもりで座ることができます。


憲政記念館から国会議事堂まで歩きます。

参議院見学の入口で並んで待ちました。

見学者用のホールです。残念ながらここから先は撮影禁止でした。


堂内の見学が終わって外に出てきました。

最後に正面で記念写真を撮りました。普段は見ることができないところを見て、たくさんの社会勉強ができましたね。
AWのみなさんもありがとうございました。


2018年12月 5日 (水)

今日の学校風景


図工室で6-4が立体作品「未来の自分」を仕上げていました。

一つ一つの作品を見ると、とても手の込んだ工夫が感じられます。

将来、その子が何になりたいのかを、作品を見て当てることができました。ということは、作品がよくできているということですね。


こちらは1-3の図工です。粘土で「いっしょにおさんぽ」という立体作品を作っていました。何とお散歩するのかな。

この子はワニにリードをつけて散歩するそうです。子どもの発想は豊かですね。


これは4年生の算数の授業です。タブレットを使ったドリル学習で反復練習をしていました。

画面上で計算して答え合わせをすると、このように丸を付けてポイントをもらうことができます。


昼のチャレンジタイムに、5年生が長縄跳びをしていました。これは5-1です。

こちらは5-2です。

そして5-3。どのクラスも記録更新に向けて一生懸命です。


そして5時間目は委員会活動。放送委員会は、2学期の終わりなので反省をしています。

代表委員会は、ノーチャイムキャンペーンの成果を話し合っていました。

今日は、各委員会ごとに卒業アルバムの写真撮影をしていました。これは環境・節電委員会です。卒業までのカウントダウンが始まった感じがします。

2018年12月 4日 (火)

今日の授業風景


2-2がタブレットを使って学習をしていました。国語の「あったらいいなこんなもの」で発表するものの絵を描いています。

子どもたちがソフトウェアの操作に戸惑うことなく活動していたことに、視察に来た方が驚いていました。


これは5-3の理科の授業です。アサガオの受粉について学習しています。大画面に資料の画像を映して、実験の方法を説明していました。


5-2はバスケットボールの授業でした。チームごとに動きを考えて練習をしていました。


屋上では6-3が長縄の練習をしていました。記録会に向けて、子どもたちの気合いが感じられます。
今日はいい天気で、遠くまでよく見えて気持ちいいです。

2018年11月30日 (金)

5年生の連合音楽会


今日は5年生が連合音楽会に出演します。朝から、アリーナでリハーサルをしていました。楽器は運んでしまったので合唱だけの練習です。


そこに6年生が入ってきました。激励の言葉を贈るようです。

5年生にリラックスしてもらえるようにと、懐かしいギャグを散りばめた楽しい激励の言葉でした。

5年生たちの緊張した顔が和み、拍手で御礼を伝えました。
さあ、いよいよ杉並公会堂に向かいます。


杉並公会堂に、今日は8校の5年生が集まりました。演奏中は写真撮影が禁止されていますが、学校で一人だけビデオ撮影が許されているので、私が撮影して、そこから静止画を切り出したのがこの画像です。合唱「マホウツカイの日々」。


そしてパイレーツオブカリビアンのテーマ「彼こそが海賊」。堂々とした演奏でした。
5年生のみなさん、お疲れさまでした。

2018年11月27日 (火)

今日の授業風景


6-2の教室です。算数の授業でタブレットを使ったドリル学習をしていました。ソフトウェアの開発企業が様子を見に来ていました。

タブレットの画面に表示された問題を解いて、タブレットペンで答えを書いていきます。子供たちの書きこんだ字を読み取って採点してくれるのですが、ちょっと乱雑に書くと読み取ってくれません。


こちらは3-3の英語活動です。ALTのマーク先生と会話しながら、活発に学習を進めていました。

ゲーム形式で全て英語で進めていきます。単語を探したり、絵を描いてポイントをもらったりして楽しんでいました。


これは1-1の国語の授業。カタカナで書く言葉を勉強しています。ツとシの区別を教えていました。

小さい文字は、マス目の右上に書くということを、4分割されたミニ黒板を使って指導します。

ノートにていねいに練習していました。1年生もしっかりした文字を書けるようになってきましたね。

2018年11月22日 (木)

今日の授業風景


家庭科室で5-1がエプロンを製作していました。慎重にミシンを扱っています。

端の折り返しをするために、アイロンも使います。将来、とても役に立つ経験だと思います。


6-2の道徳の授業です。「自分の目指すところまで」という主題で教材を読んでいました。


こちらは6-1の国語。「田中正造」の伝記文を読んでいます。「直訴」などの難しい言葉もたくさん出てきます。


6-3の図工です。「10年後の私」をテーマに、立体作品をしあげていました。

いろいろな工夫をしているのがわかります。展覧会に出品されるのでしょうか。

2018年11月21日 (水)

11月のクラブ活動


今日の5時間目はクラブ活動です。どのクラブも、4月当初の比べて上達したり活動が充実したりしてきました。卓球クラブは試合が楽しめるようになってきました。


アリーナの室内スポーツクラブも、スピーディーにバスケットボールの試合をしています。


家庭科クラブです。自分の作りたいものを一人で工夫しながら作っています。


室内ゲームクラブです。チェスやカードゲームなどを学年を超えて楽しんでいました。


パソコンクラブです。コマ送り写真を撮影して楽しい動画を作るようです。前のコマと比較してどんなポーズをとったらいいのか、演出上の指示をしていました。


ダンスクラブはチームごとにいくつかの教室に分かれ、ダンスの動画を見ながら練習していました。プロジェクターを便利に活用しています。


将棋クラブは対戦が進んで勝敗表が埋まってきました。


科学クラブは、ろ紙にカラーマーカーで色をつけ、水滴で色が広がっていく様子を観察していました。

クロマトグラフィーの原理を学んでいます。


屋外スポーツクラブはティーボール。ティーの上に乗せたボールをバットで打つベースボール型のゲームです。


2年生の体験が終わった和室では、引き続き茶道の先生が茶道クラブの指導をしてくださっていました。

2018年11月18日 (日)

震災救援所開設訓練


今日は、天沼小震災救援所開設訓練が行われました。

大震災が起きた時、天沼小を避難所にするためにどのように立ち上げて運営するかをシミュレーションしておく訓練です。たくさんの地域の方々が集まりました。


警察や消防も参加し、いろいろな訓練が実施されました。

消防署が「煙体験ハウス」を設置してくれました。煙で視界が遮られた時の避難を体験できます。

消火器を使う訓練です。子供たちも参加しています。

これはマンホールトイレを設置する訓練です。6年生の子供たちが中心になって組み立てをしてくれました。

校庭の倉庫の前に、専用のマンホールがあり、その上に設置します。

これは炊き出し訓練です。大きな釜でお湯を沸かして、非常食のアルファ米を食べられるように戻します。

できあがった混ぜごはんをパックに詰めて配りました。昔の非常食に比べてとても食べやすくなっています。
実際に震災が起こらないことが一番ですが、もし避難所を開設することになれば、今日のような訓練がとても貴重な経験になります。子供たちも参加してくれて良かったです。

2018年11月16日 (金)

和菓子体験教室


今日は、6年生が和菓子作りを体験しました。私の昔からの知り合いである東京製菓学校の先生方が来てくださって、本格的な上生菓子作りを6年生に直接指導してくれます。


最初に和菓子の歴史や素材などさまざまなお話をしてくださいました。この方は、東京製菓学校の梶山校長先生。和菓子技能試験の審査員をするほどの先生です。

子供たちを前に集めて、作り方を教えてくれています。みんな、興味津々に手元をみています。今日は2クラスずつ2回に分けて体験しました。

今日作るのは上生菓子です。菓銘は「ひとつ栗」。先生の手の中で、餡の塊が見る間に栗になりました。


もう一種類、菓銘「小菊」も作ります。練切餡を重ねて包み、形を作っていきます。

はい、完成。梶山先生が2回ずつお手本を見せてくれたら今度は子供たちが作る番です。


作業台の上に、こんなふうに準備された材料と道具を使って和菓子作りをします。


難しいところは、製菓学校の先生たちが丁寧に教えてくださいました。実は、私も指導者側に入って教えています。

担任の先生たちも集中して作っていました。子供たちも楽しそうですが、大人もなかなかできない体験に夢中でした。出来はどうかな。

後半のクラスでは、栄養士の牧野先生も挑戦。2クラスが2時間ずつ、楽しそうに作業していました。


最後に2人の先生が、和菓子作りの素晴らしい技術を見せてくださいました。「はさみ菊」といって、練り切りに切れ込みを入れて菊を作る作業です。

2人が2回ずつそれぞれ違う「はさみ菊」を作る様子を見られました。完成の瞬間は、みんな大拍手でした。


今日、作った和菓子です。この写真は、子供ではなく私の作品ですが、このように一人4個ずつ箱に収めて持ち帰りました。おうちで体験を思い出しながら味わっていることでしょう。


2018年11月14日 (水)

プログラミング教育の研究授業


今日の5時間目はプログラミングの研究授業でした。授業を全教員で参観し、指導法について検討する研修です。アリーナで6-1がプログラミングでドローンを飛ばす活動をします。

総合的な学習の時間で天沼の地域をもっと良くしていくためにはどうしたらいいのか、ということを考える中で、ドローンで不審者を判別したり、ゴミの不法投棄を監視したりするというアイデアが子供たちから出てきました。


その発想をある程度実現できるように、プログラミングを考えて発表します。

それでも、実際に飛ばしてみるとなかなかうまくいきません。

タブレットでプログラムを修正します。

子供たちが頭を寄せて相談しています。この試行錯誤が大切です。

授業の終わりに、活動がうまくいったかの振り返りをしました。


授業後には、先生たち全員で指導法について協議しました。

さらに、済美教育センターの指導主事から講評をしていただきました。東京都のプログラミング教育推進校として、これからも授業実践を積み重ねていきます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31